覚えておくと超便利!ビジネス英語でよく使う会話の頻出フレーズまとめ

 

最近では社内の会話で英語が使われることが多くなり、「実践的なビジネス英語やフレーズをマスターしたい!」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

ビジネス英語とは、日常会話で使われる英語と異なり、日本の丁寧語や敬語といった言い回しの英語があり、ビジネスシーンにおいて様々なフレーズが存在します。

 

 

「仕事で急に英語の会話が必要になった」

 

 

「海外に出張が決まったのでビジネスでよく使われるフレーズを学びたい」

 

 

という方は必見!ビジネスシーンで役立つフレーズをご紹介します。

 

 

ネイティブの方がよく使う英語の日常会話とビジネス会話の大きな違いは、少しフォーマルになった単語の言い回しです。

 

 

例えば、挨拶において日常会話だと“Hi.”というフレーズがビジネスシーンですと“How are you?”、“Bye.”は“Keep in touch.”というように丁寧なフレーズに変えなければいけません。

 

 

ビジネスシーンでは上司や目上の方、取引先の方と接する機会が多くなりますので、フランクな日常会話の英語を使ってしまうと相手に対して失礼に当たり、不快な気分にさせてしまうケースもありますので注意しましょう。

 

 

日本語で「クッション言葉」があるのをご存知ですか?

 

 

何かをお願いするときや否定的なシーンの会話の前に一言クッション言葉を添えることで物腰を柔らかくし、丁寧で優しい印象を相手へ与えるメリットのある言葉です。

 

 

実はクッション言葉は英語のビジネスシーンでも使われることが多く、例を挙げてみますね。

 

 

〇「申し上げにくいのですが…」→“I’m afraid that…”

 

 

〇「残念ですが…」→“Unfortunately,…”

 

 

など、英語のクッション言葉を知っているとビジネス英語の会話もグッと実践的に近づきますよ。

 

 

実践的なビジネスでよく使うフレーズはこちら。

 

 

〇「了解しました」→“I understand”・“I understand it.”

 

 

〇「よろしくお願いします」→“I’m excited to work with you.”(初めて会う方へ自己紹介的な意味を込めて)

 

 

〇“We look forward to doing business with you.”(一緒に仕事をできて嬉しいです。これからもよろしくお願いしますという意味を込めて)

 

 

直接顔を合わせて会話をしていると、少しくらい間違っていても雰囲気やニュアンスで伝わりますが、最も重要なのはビジネスメール、メールは後に残るものですので、できれば失敗したくありません。

 

 

メールが来たときに一番初めに見る件名について説明します。

 

 

〇“Request for~”(~の依頼・お願い)

 

 

“Request for Product Documents”(資料の送付依頼)

 

 

〇“Thank for~”(~をありがとうございます)

 

 

Thank You for Your Order(ご注文ありがとうございます)

 

 

〇“Appology for~”(~についてのお詫び)

 

 

“Apology for My Late Reply”(返信が遅れたことへのお詫び)

 

 

このようにビジネスでよく使うフレーズは日常会話と異なるフレーズのため、覚えなくてはいけないので頭を悩ませる方もいらっしゃいますが、ある程度は決まり文句のようなフレーズばかりなので、一度覚えてしまえば使いやすくなるでしょう。

 

 

ぜひビジネス英語の会話をマスターしてくださいね!

 

 

なお、こちらの動画もおすすめです。

 

 
リスニングもスピーキングも苦手…英語で会話できるようになるおすすめ教材は?
 

 

5か月前