英語の会話が上達しない理由はズバリこれだ!

 

毎日英語の会話の勉強をしているのになかなか上達しないなぁと頭を悩ませている方はいらっしゃいませんか?実は英語の会話がなかなか上達しない理由は1つ!

 

 

フレーズ集での勉強法だったのです。

 

 

学校で英語を習い始めたときに購入した方がきっと多い英会話フレーズ集、ビジネスで英語を学ぼうと書店で購入した方も多いビジネス会話フレーズ集、英語の会話にチャレンジしよう!と思いまず皆さんが手に取るのはこのフレーズ集ということが多いでしょう。

 

 

ちょっと面白いなぁと思ったフレーズを挙げてみますね。

 

 

〇“I’ve been sick for those days.”

 

 

「私はここ数日間、病気だったの」

 

 

これは今も病気という状態を表していますが、日常会話で本当に使いますか?

 

 

「本当に使えるフレーズ集」みたいなタイトルの本に掲載されていましたが、日本語でも産まれてから1度も使ったことないフレーズです。

 

 

〇“How do you relieve your stress?”

 

 

「あなたのストレス発散の方法はなに?」

 

 

これも滅多に使わないフレーズのひとつ、友達にストレス発散方法を聞いたことってありますか?私はないですが、日常的に使える実践的な英語のフレーズじゃないフレーズばかりで、実践での会話には向いていません。

 

 

なぜ英語で会話をしたいか?という勉強の目的に一番多い回答が「ネイティブの方とコミュニケーションをとりたい」という答えが最も多く、ネイティブの方と会話をするということが目的となっています。

 

 

英語でネイティブの方とコミュニケーションをとれるようになれば、新しい世界が広がり新しい文化を知ることができる、感覚も研ぎ澄まされていくこともありますね。

 

 

しかし、多くの方が壁にぶつかっているのが「なかなか上達しない、勉強しているのに」

ということ。

 

 

 

毎日フレーズ集を読んで特訓をしていてもなかなか上達しない、英語で会話できないという理由がレアな会話ばかりを練習しているということ。

 

 

英語って難しそうですが、海外ドラマなんかを見ていると同じフレーズを表現や発音方法を変えて使いまわしていることに気づきます。

 

 

そして英語での会話で最も大事なことは「相手の言葉を聞き取る」ということ。

 

 

相手が何を言っているのか理解できないと返事すらできないですよね、まずは耳を英語に慣らして英語に慣れることからスタートです。

 

 

その次に大事なのは発音力

 

 

ネイティブの発音方法を練習し、ネイティブ独特の音声変化をマスターすることで伝わりやすい、実践的な英会話を習得することができますよ。

 

 

英語の勉強は毎日の継続あるのみ!実践的な英語の会話が学ぶことが出来る英会話教材を活用してリスニング、スピーキングを上達させましょう。

 

 
リスニングもスピーキングも苦手…英語で会話できるようになるおすすめ教材は?
 

 

5か月前